妊娠したらビタミンAの過剰摂取に注意したほうが良いことをご存知ですか?

ビタミンB群など水溶性のビタミンは、過剰に摂っても尿などで体外に排出されますが、脂溶性のビタミンは肝臓や脂肪組織に溜まってしまいます。

妊婦さんが「レチノール」を過剰摂取してしまうと、赤ちゃんに奇形を引き起こす可能性があるので注意が必要です。

葉酸サプリで人気のベルタ葉酸サプリには、ビタミンAが配合されています。どのような影響があるのかを詳しく調べてみました。

ベルタ葉酸サプリの成分

ビタミンA とは?成分と効果について

まずは、ビタミンAについてご説明していきます。ビタミンAは脂溶性ビタミンの成分で2種類あります。

  • 「レチノール」という動物性のもの
  • 体内でビタミンAに変換される「βカロチン」という植物性のも

ビタミンAは、胎児の遺伝子情報の制御や細胞分裂に作用する栄養素でもあります。また、免疫力・抵抗力を高める作用があるので、風邪予防やがんの予防にも働くといわれています。

抵抗力が落ちる妊娠中にとって必要な栄養素ともいえますね。

ビタミンAを多く含む食品はレバー類など

動物性のビタミンAであるレチノールを多く含む食材を紹介します。
(㎍/食品100g)

鶏レバー 14000
豚レバー 13000
あんこうの肝 8300
うなぎの肝 4400
レバーペースト 4300
ホタルイカ 1500
うなぎかば焼き 1500
銀鱈 1100
牛レバー 1100

動物のレバーに多く含まれていますね。貧血予防など鉄分補給のために、体に良さそうなイメージですが、食べすぎには十分気を付けなければいけません。

ビタミンAの過剰摂取によって起こる症状とは?

ベルタ葉酸の効果

ビタミンA(レチノール)の過剰摂取により、胎児の先天異常などの可能性があるといわれています。

全てがビタミンA(レチノール)の過剰摂取が原因とはいえませんが、中枢神経や心血管に異常が出ることや、頭蓋や顔面にも影響があると示唆されています。

ビタミンA(レチノール)を毎日4500㎍(15000IU)以上摂取すると、水頭症や口蓋裂などの発生が3.5倍も高くなるとも報告されています

上の表を参考に、ビタミンAを多く含む食品を食べるときは注意しましょう。

ベルタ葉酸サプリのビタミンA配合量と過剰摂取の上限量について

ベルタ葉酸サプリに配合されているビタミンAの含有量は、1粒0.6㎍です。1日4粒飲むので、2.4㎍摂取することになります。

厚生労働省は30代のビタミンA上限量を3000㎍としています。

それを見ても、3000㎍に対して2.4㎍では、0.08%しか摂取しないことになります。ビタミンAの過剰摂取には程遠い数値です。

ベルタ葉酸サプリにビタミンAが配合されている理由は?

ベルタ葉酸サプリにビタミンAが配合されている理由として、美容のコンディション維持のためのとされています。

厚生労働省では、妊娠時の推奨量を670㎍、授乳期には1120㎍としています。積極的に摂取したいのは植物性のビタミンA「βカロチン」の方です。

ビタミンAの摂りすぎには注意が必要ですが、不足することも胎児に影響があるのです。

ビタミンAの不足によって起こる可能性

過剰摂取に注意しすぎて、ビタミンAを摂らないのもいけません。

ビタミンAが不足することにより、胎児の発育不全や早産の可能性があるといわれています。

ベルタ葉酸サプリのビタミンAの配合量は過剰摂取にはあてまはらないので安心

ベルタ葉酸サプリの公式サイトをチェック!

前述したように、ベルタ葉酸サプリは国が定める上限量には程遠い量です。

また、ベルタのHPでも、「サプリメントなので、副作用の心配はありません」とされていますし、容量を守って飲んでいれば、過剰摂取にならない配合量になっていると記載されています。

過剰摂取になり得るビタミンA「レチノール」の多く含んだ食材を摂り続けた場合に過剰摂取の影響が出てきます。

ベルタ葉酸サプリのビタミンAの摂取で注意しなければいけない人とは?

ベルタ葉酸サプリに含まれているビタミンAはわずかですが、ビタミンAとの併用で注意が必要な医薬品もあります。

既往症がある方で、薬を飲んでいる方は、どんな作用があるかわからないので、かかりつけの医師と相談しましょう。

ビタミンAとの相互作用のある薬

ビタミンAによって作用されると報告されているものを紹介します。

★血液凝固防止薬(ワルファリンカリウム)ワーファリン・ワルファリン等の薬

心筋梗塞症や脳血栓症などの治療や予防に使用される薬で、血栓ができるのを防ぎ、血液を固まりにくくします。ビタミンAとの併用は、血液を凝固させる作用を増大させます。

★テトラサイクリン系の抗生物質(塩酸テトラサイクリン)プレステロン・アクロマイシンなどの薬

乳腺炎や扁桃炎などの治療に用いられ、感染性の口内炎などにはトローチで処方されることもあります。ビタミンAとの併用で激しい頭痛を起こす可能性があります。

★角化症治療剤(エトレチナート)エトレチナート・チガソンなどの薬

乾癬群や魚鱗癬群などの治療に用います。

★抗悪性腫瘍薬(トレチノイン)ベサノイドなどの薬

白血病の治療に用いられますが、最近はシミ治療に使用されることもあり、その場合塗り薬に配合されています。

どちらも奇形を起こす可能性があるので、妊婦さんに処方されることはありませんが、ビタミンAとの併用でビタミンA過剰症に似た副作用が現れる場合があります。

また、ビタミンA過剰症を起こしている人が服用すると、ビタミンA過剰症が悪化することがあります。

ベルタ葉酸サプリの正しい飲み方とは?

どのサプリでもいえることですが、注意書き通りの用法容量を守ることは鉄則です。

ベルタ葉酸サプリは1日4粒を摂取します。4粒で妊娠時に必要な葉酸400㎍をはじめ、13種類のビタミンと14種類のミネラルなどの補給ができます。

薬ではないので、飲むのに決まった時間はありません。

体にいいからと4粒以上飲むことや、前日飲めなかったからとまとめて摂るのは控えましょう。過剰摂取に繋がりかねません。

まとめ

ベルタ葉酸サプリに配合されているビタミンAは、決められた量を飲んでいれば過剰摂取の心配はないといえます!

妊婦だからといってビタミンAを摂取しないのも逆に栄養が偏り様々な問題が起きかねません。毎日の食生活でキチンと栄養が摂れているかどうか?不安な方には、バランスよく配合されているベルタ葉酸サプリが良いのではないでしょうか。

ベルタ葉酸サプリには、妊娠中でも安心して飲める美容成分や野菜など多くの成分が配合されています。妊活中でもいつ赤ちゃんがやってきても良いように栄養を考えた食事に加えて、葉酸サプリで補い健康を保つことが大切です。

ベルタ葉酸サプリをお得に購入できるのはこちら!

 

参考:http://www.apha.jp/medicine_room/entry-3755.html