厚生労働省が妊娠を希望する女性に対し、葉酸摂取を推奨していることをご存知ですか?

妊娠1か月前から妊娠3か月の間に、1日400㎍の葉酸サプリを摂取することを推奨しています。

それは、葉酸が不足することで、胎児の神経管閉鎖障害のリスクが高まるという海外の研究結果を受けてのことです。近年は芸能人の葉酸サプリ愛用などで、浸透してきた葉酸サプリですが、中でも人気のベルタ葉酸サプリについて、神経管閉鎖障害への効果を調べてみました。

今回調査してみたベルタ葉酸サプリって?

そもそも葉酸の効果がなぜ胎児の先天性の病気を低下させる効果があるのか?

厚生労働省が葉酸摂取を推奨するようになったのは、2000年のことです。葉酸を摂ることにより、二分脊椎症や無脳症といった神経管閉鎖障害の起こる確率を軽減することができるという海外での研究結果からです。

逆にいうと、葉酸不足が神経管閉鎖障害の確率を高めるということです。

そこで厚生労働省は妊娠を考える女性に、食事からの摂取に加え1日400㎍の葉酸サプリの摂取を推奨するようになりました。

神経管閉鎖障害とは

神経管閉鎖障害という先天性障害は、一般的に妊娠検査薬などで妊娠がわかる前の妊娠4~7週目ころまでに作られる神経管に、異常が起きる障害です。
神経管の上部に閉鎖障害を起きると「無脳症」、神経管の下部に閉鎖障害が起きると「二分脊椎症」となります。

神経管閉鎖障害~無脳症とは~

無脳症とは頭蓋骨が作られず、大脳や脳の一部が欠損する障害です。
妊娠初期に無脳症は発生しているので、出産までお腹で育つことも難しく、ほとんどは死産や、出生直後に亡くなってしまいます。

神経管閉鎖障害~二分脊椎症とは~

二分脊椎症とは、脊椎の管の中になければならない脊髄が脊椎の外に出てしまい、他の組織と癒着したり、損傷してしまう障害です。二分脊椎症は大きく分けると、顕在性(開放性)と潜在性(脂肪腫)に分類されます。

顕在性(開放性)は、生後すぐに手術し、出てしまった脊髄を閉鎖します。しかし、排泄障害など下半身に障害が残ったり、水頭症や発達障害などの合併症を併発することが多くみられます。

潜在性(脂肪腫)は、生後から幼児期まで症状が見られないこともあります。成長期になってから、お漏らしや転ぶことが多くなり、診察を受けると「脊髄(せきずい)係留(けいりゅう)症候群(しょうこうぐん)」と診断されることがあります。

成長期に身長が伸びる際、癒着した脊髄が伸びについていけず、引っ張られ、足や膀胱などの機能に係わる神経に影響することにより起こります。

葉酸が神経管閉鎖障害を低減させる理由

葉酸が神経管閉鎖障害を低減させる理由については、現在も研究中で確実な理由はわかっていません。

葉酸の摂取だけで先天異常が確実に防げるわけでもありません。しかし、葉酸はDNAを合成する際に必要な栄養素であるとともに、様々な先天異常にも効果があるのではないかと研究が進められています。

ベルタ葉酸サプリの効果とは?

ベルタ葉酸サプリの成分について

ベルタ葉酸サプリの成分と働きについて見ていきましょう。

 

成  分 働  き
ビタミンC 免疫力を高める・抗酸化作用
ビタミンB6 皮膚や粘膜の健康維持
ビオチン 皮膚や髪の健康維持
葉酸 神経管閉鎖障害のリスク低減・造血作用
ビタミンE 抗酸化作用
ナイアシン 美肌効果・自律神経のバランスを整える
パントテン酸 皮膚や粘膜の健康維持
ビタミンB1 皮膚と粘膜の健康維持
ビタミンB2 皮膚や粘膜の健康維持
ビタミンA 皮膚や粘膜の健康維持
ビタミンD3 カルシウムの働きを助ける
ビタミンB12 赤血球の形成を助ける
コリン 神経組織の構成を助ける
カルシウム 歯や骨の形成を助ける
赤血球の生成を助ける
リン 歯や骨の形成を助ける
カリウム 細胞の代謝を助ける
マグネシウム 歯や骨の形成に必要
骨や赤血球の形成を助ける
亜鉛 余分な塩分を排出・皮膚や粘膜の健康維持
マンガン 歯や骨の生成を助ける
セレン 免疫力を高める・抗酸化作用
モリブデン 造血作用
ヨウ素 甲状腺ホルモンの産出を助ける
クロム インスリンの働きを助ける
ナトリウム 細胞の機能維持に必要
フッ素 骨の形成を助ける
リジン 成長促進・肝機能を高める
ヒスチジン 成長促進・神経機能を助ける
フェニルアラニン 神経伝達物質の生成を助ける
ロイシン 爪や髪、筋肉の生成を助ける
イソロイシン 筋肉強化・血行促進・肝機能を高める
メチオニン 肝機能を高める
バリン 筋肉の生成を助ける
スレオニン 新陳代謝促進・皮膚や髪の健康維持
トリプトファン 精神安定作用・脳内ホルモンの形成を助ける
アルギニン 血管の健康維持・免疫力を高める
チロシン 神経伝達物質の元になる・精神機能を高める
アラニン 内臓機能促進・皮膚の健康維持
グリシン 筋肉、肌などの元になる
プロリン コラーゲンの生成を助ける
グルタミン酸 神経伝達物質となる
セリン 肌や脳の健康を保つ
アスパラギン酸 体液のバランスを整える
シスチン 髪や爪の健康維持
ヒドロキシプロリン 皮膚や骨の形成を助ける
ヒドロキシリジン コラーゲンの元になる

 

ベルタ葉酸サプリをお得に購入する方法は?

ベルタ葉酸サプリの効果について

ベルタ葉酸サプリに配合されている成分を見ると、妊娠して変化する母体の健康維持や、日々お腹の中で目まぐるしく細胞分裂を繰り返して成長する胎児の成長に必要となる栄養素が入っています。

これほどの栄養素を、食事だけでとるのはなかなか難しいもの。厚生労働省の推奨量である葉酸400㎍はもちろん、ビタミンやミネラルも豊富に含まれています。

そんなベルタ葉酸サプリの成分は母体や胎児にどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか。

ベルタ葉酸サプリの母体への効果

ベルタ葉酸サプリのもたらす効果としては、造血作用による貧血の予防や、母乳生成の促進。

妊娠すると低下しがちな免疫力を高める成分により、風邪などの予防に働いてくれます。

妊娠中や授乳中はできるだけお薬も避けたいのが心情なので、嬉しい効果ですね。また、マタニティブルーや産後のストレスには、抗酸化作用や精神安定作用のある成分が作用して緩和してくれることでしょう。

ベルタ葉酸サプリの胎児・赤ちゃんへの効果

葉酸の効果とされる神経管閉鎖障害のリスクを低減することや、細胞分裂を助けてくれる成分・器官を作るために作用してくれる成分により、胎児の健康な成長を促す効果があります。

また、授乳期の著しい赤ちゃんの成長にも、母乳から豊富な栄養を与えてあげることができます。

ベルタ葉酸サプリのその他の効果とは?

ベルタ葉酸サプリには、妊娠時に必要な栄養素に加え、ヒアルロン酸やプラセンタエキスなど美容成分が豊富に配合されています。

まとめ
すべての先天性異常や奇形、母体のトラブルなど、確実に葉酸サプリで回避できるものではありません。
しかし、出来る限りのことをしてあげたいと思うのが親心です。
ベルタ葉酸サプリで国が推奨した葉酸400㎍を補うことができ、豊富な栄養を摂取することができるので、妊娠を考えた時から補助食品として摂ることは、自分自身にも赤ちゃんにとっても大切なことですね。

ベルタ葉酸サプリの公式サイトをチェック!

 

 

参考:https://www.jstage.jst.go.jp/article/jpnjurol1989/94/5/94_5_551/_pdf